【裏技】イヤイヤ期の歯磨きを数倍楽にする方法3選

子育て
この記事は約6分で読めます。

はじめに

こんにちは。ゆーぱぱです。
今回は、イヤイヤ期の歯磨きを数倍楽にする
3つの方法をご紹介します。

以前、我が家では2歳の娘の歯磨きに
かなり苦戦を強いられていました。

歯ブラシを捨てて睨む次女

あの手この手で、歯磨きをしようとするも
イヤイヤ、全力の拒否。

そしてある時は、

歯磨きをすすりとる次女ソン顔負けの吸引力で、歯磨き粉を
全てすすり取られる・・・など。

そんな具合なので、歯磨きが憂鬱すぎて
歯磨きの時間になるたび、失神してました。

ゆーぱぱ
ゆーぱぱ

苦手な育児ランキング堂々の第1位!

このままじゃ親も子も歯磨き嫌いが加速していく。

どうすれば我が子は拒否せずに歯磨きさせてくれるのか・・・真面目に考えてみることにしました。

ゆーぱぱ
ゆーぱぱ

どうにかしなきゃ・・・

それから数ヶ月間、育児にまつわる本や心理学などを勉強し、検証を繰り返してきましたが、

今では拒否もほとんどなく素直に磨いてくれるようになりました。

純粋に子供が大きくなって聞き分けが良くなったというのもありますが、そのきっかけは、これから紹介する歯磨き法を試したからだと断言できます。

今回は検証した中で、最も効果を感じられた歯磨き法3つをご紹介します。

効果は個人や環境により異なると思いますので、
参考程度にご覧いただければと思います。

歯磨きアプリを使う

歯磨きアプリの使用イメージ図
最初に実行したのがこの「歯磨きアプリ(ゲーム)」

いわゆる、

嫌いなものは、好きなものと組み合わせて
好きになろう理論です。

よく診察中に子供にタブレットでアニメを見せてくれる歯医者さんもあったりしますよね。

この「歯磨きアプリ」は、画面を眺めるだけでなく歯磨きの動きを感知すると敵を倒すというアクションを伴うため、主体的に歯磨きをする手助けをしてくれます。

これをうちで試した結果、

ゆーぱぱ
ゆーぱぱ

歯磨きする〜?(ゲームチラチラ)

次女
次女

やる〜!!!!!

と、親の仇よりも歯磨きが嫌いだった娘は、自ら率先して歯磨きをするようになりました。

これまでの憂鬱がまるで嘘かのようです。

長女
長女

私はそんなゲームなくてもやるけどね〜

ゆーぱぱ
ゆーぱぱ

君も小さい頃ゲームに夢中だったで


嫌いなものは、好きなものと組み合わせて
好きになろう

これは一見超絶シンプルで、短絡的な発想と思われそうですが、効きます。

ですが、以下のような注意点もあります。

・ゲームに夢中になり歯磨きがそっちのけになる。
・飽きて拒否し始める。

もし試される方は、お子様の様子を伺いつつ慎重に始めてみてください。

・歯磨きの時だけプレイする。
・長時間やらない。
・歯磨きを拒否し始めたら利用をやめる。

これを見てくださっている方の中には、
ゲームや動画で釣るようなやり方はよくないと
思われる方もいるかと思いますが、

個人的には、歯磨きを無理強いしてストレスの時間にしてしまうよりは良い手かなと思いますし、

親御さん側できちんと管理すれば楽しいゲームをきっかけに歯磨きを好きになるというのも、ありなのかなと思います。

気になった方は是非ダウンロードしてみてください!

Google Play:はみがき勇者(無料)
(※App Storeからもダウンロード可)
Google Play:ポケモンスマイル(無料)
(※Android限定)

電動歯ブラシを使う

電動歯ブラシの図
歯磨き効率を上げてくれる電動歯ブラシ。

子供は初めて見るもの、珍しいものが大好きなので
「あれ?いつもの歯磨きと違うな?」と感じます。
その違和感から、興味に繋げるという算段です。

これまで歯磨き粉を変えたりはしましたが、
フォルムチェンジは初の試み・・・!

初めは警戒していましたが、
慣れてからは「やるやる!」と、見事
歯磨きに食いついてくれました!

電動歯ブラシ最大のメリットは、時間の短縮。
歯磨き時間を減らすことで、歯磨き毎のハードルも下がります。

ですが、基本的に太めで作られているため、
奥歯が磨きにくいという問題もあります。

我が家では、電動歯ブラシと普通歯ブラシで
使い分けて歯磨きをしています。

これを機会に「電動歯ブラシデビュー」してみては
いかがでしょうか。

・優しく磨いてあげる
・歯磨きを拒否し始めたら利用をやめる。

ごっこ遊びをする

ごっこ遊びのイメージ図
正直これが、歯磨き嫌いを打破したきっかけ
と言っても過言ではありません。

具体的にどんなごっこ遊びをするかというと、
よくある「●●ちゃん歯磨きしましょうね〜」
という内容ではありません。

パパさん、ママさんサイドで人形を複数使って
以下のように歯医者さんごっこをするのです。
1人で。

 

ビビちゃん(父)
ビビちゃん(父)

私は歯医者さんよ〜(裏声)

くま君(父)
くま君(父)

磨いてくださーい(地声)

ビビちゃん(父)
ビビちゃん(父)

いいわよ〜(裏声)

はたから見たら完全に、育児疲れでおかしくなってしまった人ですが、不思議とこれに子供は食いついて来るんです。

次女
次女

つむもいれてぇ〜

2020年度売上No.1の良書「人は話し方が9割」
の中には以下のような事が書かれています。

”人は勝手に楽しんでいる人に
巻き込まれたくなる。”

”人は無理やり説得されて参加するよりも
「楽しそうだな」と自ら参加したほうが、
意欲高く取り組める。”

引用:「人は話し方が9割」(永松茂久,すばる舎)

これを心理学では「同調行動効果」といい、ビジネスの場や様々な場面で使われているようです。

まさにこの心理を育児の現場に落とし込んだのが
「ごっこ遊び」というわけです。

こちらで勝手に盛り上がって、引き寄せる。
この心理は子供がご飯を食べてくれない時なんかにも効果が期待できます。

以下のポイントに注意してぜひ今日から実践してみてください!

・子供が興味を示すまで、粘りつよく取り組む
・ちゃんと演技する

・子供が好きな人形を使う

ちなみに6歳の長女も未だに、ごっこ遊びで磨いてくれって言って来ることがあります。

長女
長女

ビビちゃんでやって!

まとめ

歯磨き法は以上となります。
今回は、効果を実感できた歯磨き法を3つ紹介しました。

最後にそれぞれのメリットとデメリットを
おさらいしましょう。

⑴歯磨きアプリを使う

・即効性がある。
・長時間歯磨きしてくれる。
・親子で楽しみながら歯磨きができる
・画面に夢中になる危険がある。
・飽きたら歯磨きを拒否する危険がある。

 

⑵電動歯ブラシを使う

・違和感から興味をもちやすい
・効率よく歯磨きができる(歯磨き時間の短縮)
・奥歯が磨きにくいので、細めの歯ブラシとの併用が必要な場合がある
・怖がってやらない危険もある

 

⑶ごっこ遊びをする

・「同調行動効果」が期待できる
・歯磨きそのものを好きになりやすい
・疲れている時、イライラしている時も演技するしかない
・イライラや焦りを悟られた瞬間、通用しなくなる

「やったけどダメだった」「こうした方が良い」等
結果報告や、ご意見ご感想などありましたら、
お気軽にコメントいただけたら嬉しいです。

最後までご覧いただき、有難うございました!
あなたの子育て時間が豊かになりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました